goinkyo.com 金盛哲二プロフィール 趣味で起業するということ Q&A スペシャルサンクス 教材&コンサルティング 孔子曰く
 
 
 
プロフィール 金盛哲二 かなもりてつじ
  こんにちは。
ご隠居ドットコムの金盛です。

実は私も、数年前まで、あなたと同じようにサラリーマンをしていて、

自分の好きな事、自分の趣味を生かして、起業できたら、楽しいだろうなあって、
思っていました。

「趣味で起業している人って、楽しそうだなあ。」

「どうやれば、好きな事で起業できるのかなあ。」


そして、機会があれば、そのような成功者とお話がしたかったのです。

私が、このサイトを始めた理由はそこにあります。

「趣味で起業している人。」

「好きな事をして生計をたてている人。」


たちって、スゴイと思いません?

このような人たちの話って聞いてみたいと思いませんか?

どんな生活しているか、覗いてみたくありませんか?

ご隠居ドットコムでは、そのような成功者たちのホンネを聞き出し、参考にしよう。
そして、自分自身も、成功者の仲間入りをしようというのが目的です。

私自身も、趣味のサイトが認知され、全国組織になったという経緯がありますので、私自身の例などを取り混ぜながら、あなたに分かりやすく、お伝えして行きます。

以下に私の経歴を記しました。

今でこそ、私が主宰するサイト「エンスーの杜」が雑誌に取り上げられるなど、カッコよく仕事をしている風ですが、結構、人に言えないような事もありました・・・。

赤裸々なプロフィールをどうぞ。
 
 
1969年   
  千葉県生まれ
       
 
1988年   
  偏差値が普通(50)の可も無く、不可も無い私立高校を卒業。同級生が意味も無く進学する様子を見、「俺は社会に出て稼ぐんだ。」と意気込んで流通業に就職。
       
 
1991年   
  しかし3年後、9年先輩の係長(同じく高卒)の給料明細を見て退職を決める。だって、あと9年働いても、手取りで18万円なんて・・・。(世はバブル景気でした。マジで。)

将来は独立しようと決めていたので、いろいろな職種の社長さんに会えると思い、広告代理店に転職。(ここでの広告技術は、後にかなり役立ちました。独立を目指す人には、広告代理店はオススメ)
       
 
1998年   
  しかし28歳のとき交通事故で3ヶ月入院、6ヶ月休職、18ヶ月通院。頚椎損傷で右半身が不自由に。60kgあった握力も14kgに。リハビリの結果、回復するも右半身にやや不自由が残る。(身体障害者認定)

その事故のせいで、少々卑屈な人間になる。体に無理が利かないということで、営業から内勤にまわされ、会社では不本意な仕事を3年間する。このときに、仕事が楽しくない人生が、いかにつまらないかを心底感じる。

そんなこんなで、最後には上司と喧嘩。同僚が引き止めるも、上役を全て敵に回し、リストラ同然で会社を退職。このとき、奥さんは臨月。妊婦にすごいストレスを与える(笑えない)。
       
 
2001年10月
  無職になった悔しさで、起業を決意。32歳。
 「サラリーマンには戻らない」
 「好きな事しかしない」

という2つのオキテを立てる。このとき貯金は250万円。
しかし、何をするかは決まっていない状態で会社を辞めた。

好きなことといえば、「車」なのだが、どのような事をすればビジネスになるのか、明日の生活も見えない手探り状態で起業。
「エンスーの杜」のビジネスモデルはまだ構築されず、試行錯誤が続く。お金にならない無意味な行動が続く。もちろん、売り上げなどは無い。
       
 
2002年 3月
  多少売れ始めるも、生活費には届かない。扶養家族4人の生活が重くのしかかる。

日曜日に折り込まれる求人誌が気になりだす。近くにファミリーマートが出来、アルバイトを募集している。つい応募しそうになる。
       
 
2002年 8月
  いよいよ、貯金が底を付き、生活費の為16万円某カードでキャッシングをする。(○○カードさんありがとう。)

しかしその前から進めていた「代理店制度」が注目され始める。2002年9月以降、代理店が次々と決まり始め、その後1年半で全国16箇所に拠点を設け、一気に全国展開。
       
 
2003年 6月
  海外からも問い合わせが来るようになり、一日の総アクセス数68万件(月2053万件)と、単独中古車系サイトとしては、日本最大規模となる。

ホームページをリニューアル、次々と車も集まり始め、2年で7億5000万円の車を集め、同時に3億5千万円以上の車の売却をアシスト、業界で注目される。
       
 
2003年 7月
  な・なんと金欠によるキャッシングから1年しか経ってないのに、○○カードから、ゴールドカードへの変更通知が来る。(正直、嬉しかったが、基準甘すぎでは?)

その後、グループサイト「中古艇ドットコム」「ばいく見聞録」の設立にもかかわる。
       
 
2003年12月
  国産旧車の雑誌では最大手の「オールドタイマー誌」に取材される。開業からちょうど2年後の快挙。
       
 
2004年 3月
  「好きな事を仕事にする」人生に目覚め、趣味で起業し隠居を目指す仲間を集めようと、「ご隠居ドットコム」をスタート。
       
 
2005年 2月
  エンスーの杜が、瞬間最大ヒット数122万ヒット/1日を記録する。
ソフトバンクグループのカービューと特別アフィリエイト提携開始。
       
 
2005年 7月
  出版社からのオファーがあり、処女作となる「好きを仕事にする本」を出版。
       
 
2006年 3月
  若いインターネット起業家を育てる塾「青年実業家ドットコム」を開始。
レッスン料を取らずに、若手起業家の育成を始める。
青年実業家ドットコム

まぐまぐ発行のメールマガジン
「趣味で起業して、30代で隠居する方法」が殿堂入りに。
まぐまぐで殿堂入りしているメルマガは、総発行数のわずか5%。
       
 
2006年 6月
  YAHOOから取材を受ける
       
 
2006年 12月
  第一期塾生の篠原一貴くんが、アフィリエイトツール「にこにこアフィリエイト」を発売。わずか6日間で1714万円の売り上げを記録する。
篠原くん22歳
       
 
2007年8月以降
  塾生の松浦秀俊くんが、セカンドライフ関連書籍を上梓。増版がかかり、
1万1000部売れる。松浦くん24歳。

同じく塾生の篠原くんが、サプライズアイディアの本を上梓。
篠原くん23歳。

同じ年に、20代の塾生2名が出版するという快挙を遂げる。

塾生の松本明奈さんが、auとSOFYBANKの公式コンテンツを取得。
松本さん21歳。

若い塾生が、次々とネット起業を実現中!

現在は、都内から1時間という、利便性のいい千葉県佐倉市に450坪の農家を購入。

自然の中で農作業をしつつ、暇な日には車いじりをするなど、趣味を仕事にした隠居生活を送っている。

趣味の車歴は、メルセデスベンツ190、サーブ900ターボ、バーキンセブン、シトロエンBX、ケーターハムスーパーセブン、ミニメイフェア、ベック550スパイダー、ポルシェ964カブリオレ、BMW525iツーリング、リンカーンLS、BMW3、0Sなど。

JIEA(日本インターネットアントレプレナー協会)初代理事長
       
 
金盛 セブン 金盛 セブン 金盛哲二
  現在の愛車。たまには、こうして仕事をすることもあります。   所属する、スーパーセブンのクラブで行われたサーキットトライアル。   自宅は築30年の平屋(縁側付き)農家。集落の一番奥で静かな環境。それでも高速のICからは5分程度の距離で便利な場所です。
   
 

   ・エンスーの杜  http://www.enthuno-mori.jp



   ・バイク見聞録  http://baiku.jp/