goinkyo.com 金盛哲二プロフィール 趣味で起業するということ Q&A スペシャルサンクス 教材&コンサルティング 孔子曰く
 
   
 
ご隠居 Q&A
   
   
 
  Q】ご隠居って、年寄りじゃないの?
 
   
  A】隠居というと、縁側でボーっとしているおじいちゃんを連想しますが、そうではありません。私が考える隠居とは、「好きな事をしていて生活できる状態。」のことです。
全ての仕事を辞めてしまうわけではありませんし「ジジ臭くなれ。」という事でもありません。

分かりやすく言えば、理想の隠居像は、水戸黄門さまです。あくせく働かないけど食べていけています。また、全国を旅しながら、自分に出来る仕事(世直し)をして歩いています。しかも、黄門さまにしか出来ない、世の中の役に立つ仕事です。これぞ、私の理想とするご隠居さまです。

私は幼い頃、おじいちゃんと水戸黄門を見ながら、「大きくなったら、ご隠居になりたい。」と思っていました。(変な子供です)

私は「好きなことだけをして、生活していける状態」という意味で、「ご隠居」という言葉を使っています。
   
   
 
  Q】セミリタイヤと違うの?
 
   
  A】まあ、同じようなニュアンスは含んでいると思いますし、重なる部分も多いと思います。私自身、別にリタイヤしているわけではありませんが、趣味を仕事にしているので、日常的に「仕事をしている」という感覚はありません。

毎日、好きな事をしているだけで、食べていけている。と言うのが実感です。
   
   
 
  Q】世間の一般常識では、「趣味で食っていけるほど、世の中は甘くない。」と思うのですが、そこのところはどうでしょう。
 
   
  A】そうですね、その通り。私も母親にそのように言われて育ちましたので、32歳までは、そのように思っていました(笑)。

しかし、現実問題として趣味を仕事にして食べている人は、世の中にたくさんいます。しかも、私を含め最近の傾向としては「インターネット」を使用し、実現している人が多いのです。

これは私の考えですが、「インターネット」の普及が、「趣味での起業」に関し、大きな役割を果たしているようです。
   
   
 
  Q】趣味で食っていける人って、一部の才能のある人の話では?
 
   
  A】確かに、浜崎あゆみさんや、桑田佳祐さんなどを見ていると、趣味を仕事にして大成功している人であり、稀な才能がある方たちだと思います。(もちろん、お二人とも努力家でもあります。)

しかし、インターネットの普及や、価値観の多様化で、ビジネスのフィールドが劇的に広がっています。ですから、今まで考えつかなかったような趣味ビジネスが登場してきていますよね。

ラーメン食べ歩きが趣味 → その趣味を生かし「ラーメン評論家」に。
クラシックカーが趣味  → 「クラシックカー専門の個人売買サイト」運営。
ブランド物が大好き   → 芸能人専門のお買い物代行。

これらは、みなフツーの方が始めた趣味ビジネスです。世間的には必要と考えられている、類稀な才能、学歴、人脈などは関係なかった事でしょう。
   
   
 
  Q】ご隠居ドットコムのカセットテープや、ビデオを見れば成功できる?
 
   
  A】もちろん、100%のお約束は出来ません。その教材からあなたがどんなヒントを得るか、そしてどうやって行動に移すかが全てです。
   
   
 
  Q】「趣味で起業」なんて悠長な事を言わずに、金儲けの方法を教えて。
 
   
  A】それは、分かりません。他の金儲けサイトをご覧ください。
   
   
 
  Q】お金儲けのためのサイトではないの?
 
   
  A】もちろん、趣味ビジネスでの起業を目指す物ですから、お金は大切です。しかし、お金が最終目的ではありません。ご隠居ドットコムが目指す物は、「自分らしい生き方」であると言えます。

趣味を仕事にすれば、ストレス無く毎日が充実します。自分が好きなことを仕事にするわけですから、苦痛無く精進が出来ます。よって、技術も向上するので、仕事(趣味)をこなす事がますます楽しくなり、エキスパートになります。
すると、あなたに仕事を頼む人が多くなり、趣味をすればするほど収益が上がると言う、脅威のプラススパイラルがやってきます。
(これは机上の空論ではなく、多くの趣味ビジネス起業家の声です。)
   
   
 
  Q】趣味で起業するって、考えただけでも楽しそうだけど、逆にデメリットってあるの?
 
   
  A】デメリットですか?実は正直言って、1個だけあります。これは私だけかもしれないので、金盛の場合。と言う事で聞いてください。

私のサラリーマン時代の趣味は、クラシックカーやスーパーカーのイベントに行く事でした。イベントのある土日が待ち遠しかったのを覚えています。前日などワクワクして、遠足前日の小学生のような気分でした。
しかし、今は週に3日も4日もクラシックカーや、スーパーカーを見に行きます。それが仕事ですから。
毎日、毎日がイベントDAYみたいになっているので、たまに行われるイベントに新鮮味がなくなってしまっているのです(苦笑)。(新鮮味が無くなるだけで、苦痛になっているわけではありません。皆さんも、毎日が遠足だったら、前日にワクワクしないでしょ?そんな感じでしょうか?)
クルマ趣味の方からは、贅沢な悩みだと言われますが、しいて挙げるとこれがデメリットかも知れません。
   
   
 
  Q】商品代金はどのように支払うのでしょうか?
 
   
  A】商品代金は、ヤマトの「コレクト便」を利用しています。
これは、商品代金を、ヤマトの配送の方が、集金をしてくれるシステムです。
ですので、お届け時にご自宅に、いらっしゃって頂く必要があります。

日中は自宅にいない、または仕事が不定期で在宅の時間特定が困難な方は、事前に、銀行振込みをしていただく事も可能です。
   
   
 
  Q】商品の返品はききますか?
 
   
  A】商品は、不良品の場合以外は、返品を受け付けていません。
お買い上げいただく場合は、ご自分の「責任」で購入をお願いいたします。